ハイドロキノンとトレチノイン


ハイドロキノンとトレチノインは、美容に興味がある方なら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ふたつは化粧品として販売されているだけでなく、医薬品としてクリニックでも処方されています。
主にシミやニキビのスキンケアや治療に使われています。

もっと詳しく知るためにハイドロキノンとトレチノインについてご紹介しましょう。


シミ治療にはハイドロキノン

肌の漂白剤と言われているハイドロキノンは、強力な美白作用をもたらします。
ハイドロキノンはメラノサイトに含まれている、チロシナーゼという酵素の働きを弱めてメラニンが作られるのを防ぎます。
よってシミをできにくくしたり、薄くしたりする効果が期待できます。


表皮レベルのシミに効果的なハイドロキノン

老人性色素斑という一般的なシミから、そばかす・肝斑や炎症性色素沈着など、主にできてしまった表皮層レベルのシミに効果的です。
予防するのはもちろん、すでにあるシミを薄くし消してくれる作用もあります。

以前ハイドロキノンはクリニックのみの処方でしたが、2001年の薬事法の規制緩和により化粧品への配合も許可されるようになりました。
メーカー責任でハイドロキノンを配合しているため、基本的に化粧品へ高濃度配合はしていません
たしかな漂白効果を期待するのなら、医薬品のハイドロキノンを利用しましょう。


ハイドロキノンのメリットとデメリット

ハイドロキノン 医師に相談

他の成分と比較しても圧倒的な美白効果がハイドロキノンのメリットでしょう。
その効果はコウジ酸やアルブチンなどの成分の10倍から100倍と言われているほどです。
あらゆる美白成分でもトップクラスの漂白効果をもたらすので、期待している効果が得られやすいのが魅力です。

逆に漂白効果が高いぶん、副作用が高いのもハイドロキノンのデメリットでしょう。
まず人によってはアレルギーや炎症を引き起こしてしまうおそれがあります。
刺激を感じてしまう人もいるほど強力な薬品なので使用方法を守ってください。

用法・容量を間違えてしまうと肌が白抜けしてしまう「白斑」という症状を招いてしまいます。
また紫外線に当たると色素沈着の原因になることも…長期的にハイドロキノンを使っていると紫外線ダメージを強く受けてしまいやすくなってしまうので注意しましょう。
いずれにしてもデメリットが多いので、まずはクリニックを受診して医師のもと使用するのが正解だと言えますね。



トレチノインはシミ・ニキビ・たるみ治療と幅広いのが魅力

変質しやすく肌に届きにくいビタミンAを吸収しやすく安定させたトレチノインは、別名「レチノイン酸」とも呼ばれています。
トレチノインが医薬品だとしたら、化粧品で使われるビタミンAは「パルチミン酸レチノール」や「酢酸レチノール」といいます。
この総称をすべて「ビタミンA誘導体」(レチノール誘導体)といいます。


シミ・ニキビ・たるみに効果的なトレチノイン

トレチノインはシミ・ニキビ・たるみ治療

トレチノイン酸には強力にターンオーバーを促す作用があります。
そのパワーはなんとビタミンAの100から300倍程度!
化粧品に含まれているレチノールと比較すると、50から100倍にのぼります。
よって表皮層内のメラニン色素の排出を積極的に行うため、シミの改善が大いに期待できます。

強力なターンオーバーに加え、皮脂の分泌も抑えるのでニキビの治療にも使われます。
また長期的にトレチノインを使用すると真皮層内のコラーゲン生産工場である、線維芽細胞を活性化してコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を促し、たるみにも効果的です。

さらに浸透力の低いハイドロキノンを使うとき、トレチノインを併用すると肌への浸透が高まるため、シミの排出にセットで使われることが多いのも特徴です。


トレチノインのメリットとデメリット

先に紹介したように、強力なターンオーバーによって得られる、シミ・ニキビ改善効果は魅力でしょう。
またアンチエイジング化粧品を塗りつけてもなかなか改善しないたるみにもシフトするのはうれしいですね。

ビタミンAであるトレチノインは、もともと人間の血液に含まれている成分なのでアレルギーの心配がなく、安心して使えるのが魅力でしょう。
その他にはピーリングの代わりとしても用いられています。

逆に皮膚がむけてしまうほど激しくターンオーバーするのはデメリットです。
改善していく過程で皮膚病のようになってしまうので、セルフケアする場合は不安になってしまうかもしれません。
しかしこの過程を通らなければシミやニキビに効果を発揮しないと心得ましょう。
さらにトレチノインは刺激が強く、ヒリヒリ感を感じてしまうこともあります。そのようなことからクリニックで処方してもらい、医師のアドバイスのもと使用すると安心です。



ハイドロキノンとトレチノインの費用

ハイドロキノンとトレチノインの費用

もしハイドロキノンとトレチノインをクリニックで処方してもらうと、おおよそ1ヶ月で30,000円から50,000円の費用がかかります。
高額な理由は診察料がかかってしまううえ保険適用されないからです。

薬局などでハイドロキノンを購入すると安全を考慮して製造されているため、濃度の低い商品が多く販売されています。
思うような効果は期待できないというデメリットがついてきます。
トレチノインは日本で認可されていないため、市販で購入することはできません。

よって多くの人が利用している個人輸入でハイドロキノンとトレチノインを購入する方法がおすすめです。
日本では高濃度のハイドロキノンやトレチノインの市販は認められていませんが、海外では化粧品を購入する感覚で買えます。
個人輸入を利用して購入すると保険不要になるため安く購入できます。
料金はだいたい1ヶ月5,000円くらいなのでかなりお得に利用できます。

ハイドロキノンとトレチノインを使ったことがない方は個人輸入よりも安全を考慮してクリニックでの治療をおすすめします。
個人輸入は慣れている方が少しでも使用するのにぴったりです。

ハイドロキノンとトレチノインはシミやニキビに大きな効果を発揮するのが魅力です。
そのぶん強い副作用があることも踏まえておきましょう。
上手に利用すれば肌トラブルの改善に大いに役立ちます。



アスタリフトホワイトの口コミバナー
アスタリフトホワイト 公式サイト


口元のたるみにハリが出たと実感!あなたも体験してください!アスタリフトホワイト公式サイト



アスタリフトホワイト以外にもまだまだある!美白に効く化粧品の口コミランキング!

アスタリフトホワイトの実力は良く分かったけれど、いろいろなコスメは見ているだけでワクワクした気分になります。
その中でもトライアルセットは、各メーカーでかなりお得感満載になっているのでいろいろ試して見るのも手です。
生涯の友となる、アスタリフトホワイト以上に自分に合うものが見つかるかもしれません。

1位
アスタリフトホワイト
アスタリフトホワイト
美白 4.0 星4.0
保湿 5.0 星5.0
価格 5.0 星5.0
1,080円(税込)

公式サイトへGo!
2位
アンプルール
アンプルール
美白 5.0 星5.0
保湿 4.5 星4.5
価格 3.5 星3.5
1,890円(税込)

口コミを見る

公式サイトへGo!
3位
KOSE 澄肌美白
KOSE 澄肌美白
美白 4.0 星4.0
保湿 4.5 星4.5
価格 4.0 星4.0
1,500円(税込)

口コミを見る

公式サイトへGo!
4位
サエル
サエル
美白 4.0 星4.0
保湿 4.5 星4.5
価格 4.0 星4.0
1,480円(税込)

口コミを見る

公式サイトへGo!
4位
デルメッド
デルメッド
美白 4.0 星4.0
保湿 4.0 星4.0
価格 5.0 星5.0
1,200円(税込)

口コミを見る

公式サイトへGo!


アスタリフトホワイトで美白お姉さんアスタリフトホワイト 口コミトップへ戻る


サブコンテンツ
  • シミ治療 皮膚科の口コミ

このページの先頭へ